定期購読詳細

  • シーエムシー出版
  • ¥4,860
  • 26MB
  • 2019/09/12

月刊バイオインダストリー 2019年9月号

シーエムシー出版

雑誌・定期刊行物

コンテンツの内容

  • ePub
  • PDF
シーエムシー出版の書籍一覧を見る


横越英彦 静岡県立大学名誉教授
有原圭三 北里大学
横山壱成 北里大学
大畑素子 日本大学
齋藤忠夫 東北大学
水道裕久 サンスター(株)
磯部勝考 日本大学
赤田倫治 山口大学
鈴木絢子 大分大学
中村美紀子 信州大学
星田尚司 山口大学
藤本哲憲 (株)ヤナギヤ
鎌倉秀行 (株)エコマスター

-------------------------------------------------------------------------

【特集】機能性タンパク質・アミノ酸・ペプチドの応用

-------------------------------------------------------------------------

緑茶アミノ酸:テアニンと環状テアニンの生理作用
Green Tea Amino Acid:Physiological Function of Theanine and Cyclic Theanine

 緑茶特有アミノ酸のテアニンは,多くの生理機能を有しており,今回は,特に睡眠とのかかわり,動物実験での寿命延長作用について紹介する。テアニンが環化された環状テアニンが煎茶よりも玉露や碾茶に多く含まれており,また,緑茶の製造・抽出法の工夫により生成されることが分かり,その機能性について紹介する。


【目次】
1 緑茶特有アミノ酸のテアニンとは
2 テアニンと脳との関わり(概説)
2.1 実験動物を用いた試験
2.2 ヒトボランティア試験
3 テアニンの睡眠改善効果
4 環状テアニンについて
4.1 緑茶中の環状テアニン量
4.2 環状テアニンの機能性について
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

食品タンパク質由来ペプチドの利用における新展開
~メイラード反応による新しい機能性食品素材の開発~
Novel Ingredients from Food Protein-derived Peptides by the Maillard Reaction

 第2回国際生理活性ペプチドシンポジウムがスペインで開催され(2019/5/22~24),世界各国から機能性ペプチド領域の研究者が集まり,この分野の最新の情報が発表された。本稿では,このシンポジウムの様子を紹介したうえで,筆者らが取り組んでいるペプチドを原料としたメイラード反応を利用した機能性素材の開発に関する成果を紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 国際生理活性ペプチドシンポジウム
3 ペプチドとメイラード反応
4 メイラード反応を利用した「香りの機能性食品」
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

血圧降下ペプチド
Antihypertensive Peptides

 2019年4月には,5 年ぶりに高血圧治療ガイドラインが改訂された。本稿では,食事で摂取することで血圧を下げる機能性のあるペプチド類について,血圧調節機構とペプチドの評価方法,トクホと機能性表示食品,血圧降下ペプチドの構造と活性相関,遺伝子発現による大量調製の将来性などについてこれまでの知見をまとめた。

【目次】
1 血圧調節のメカニズムとアンジオテンシンI変換酵素(ACE)
2 ペプチドのin vitroおよびin vivoアッセイ
3 血圧降下ペプチドの活性評価における不整合
4 特定保健用食品(トクホ)と血圧降下ペプチド
5 機能性表示食品の血圧降下ペプチド
6 乳タンパク質由来の血圧降下ペプチド
7 血圧降下ペプチドの化学構造と活性の関連性

------------------------------------------------------------------------

コレステロール代謝改善アミノ酸・ペプチド
Cholesterol Metabolism Improving Amino acids and Peptides

 古くからある種の食品に含まれるタンパク質やそれらを構成する特定のアミノ酸にコレステロール代謝を改善する作用があることが知られているが,近年,タンパク質を加水分解してできる特定のペプチドにも同様な作用があることがわかってきた。本稿では,これらアミノ酸およびペプチドのコレステロール代謝改善作用について概説する。

【目次】
1 コレステロール代謝改善アミノ酸
1.1 含硫アミノ酸
1.2 含硫アミノ酸類似物質
1.3 その他のアミノ酸
2 コレステロール代謝改善ペプチド
2.1 大豆由来ペプチド
2.2 乳由来ペプチド
2.3 卵白由来ペプチド
2.4 豚肉由来ペプチド
2.5 牛肉由来ペプチド
2.6 魚由来ペプチド
3 アミノ酸・ペプチドを関与成分とする特定保健用食品
3.1 ブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)を関与成分とするもの
3.2 リン脂質結合大豆ペプチド(CSPHP)を関与成分とするもの

-------------------------------------------------------------------------

BIO INDUSTRY

-------------------------------------------------------------------------

新規導入作物キノアの我が国での栽培化とその市場性
Cultivation and Marketability of Newly Introduction crops, Quinoa in Japan

 アンデス高地原産でヒユ科に属するキノアは食材として優れた機能性を有し,塩類が集積した土壌環境下でも生育可能であることから,近年注目を集めている。ただし,我が国で販売されているキノアはそのほとんどが南米などからの輸入品であり,キノアが市民権を得ているとは言い難い。そこで,キノアの持つ能力や機能及び栽培法などについて解説をする。

1 はじめに
2 植物としてのキノア
2.1 キノアという植物
2.2 キノアの耐塩性とセシウム吸収能力
3 キノアを栽培する際のポイント
3.1 生育期間と播種期
3.2 生育に適した土壌環境と施肥
3.3 病害虫や障害の発生状況とその対策
4 国際キノア年
5 キノアの栽培状況と市場価値
6 キノア子実に含まれている成分特性と摂取時の効果
6.1 キノア子実に含まれている成分特性
6.2 キノア子実を摂取した時に期待できる効果
7 キノアの利用法
8 今後の課題

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

大容量PCR装置によるmLスケールでのDNA生産
mL-Scale DNA Production by a Large-Scale PCR Machine

 PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)とは,DNAの特定の領域をごくわずかな量から2時間程度で数億倍に増幅することのできる技術である。DNAを扱う研究室でPCR装置を知らない人はほぼいない。しかし,PCR反応は10-50μL程度の少ない量でしか行われてこなかった。本稿では,筆者らが開発した大容量での反応が可能なPCR装置とその使い道を解説する。

1 はじめに
2 食品製造機械メーカーとの共同開発
3 大容量PCR装置「0」号機
4 なぜPCR反応はμLスケールでなければいけないのか
5 均一で急激な温度変化を与える大容量PCR構造
6 サンドイッチ型ペルチェ素子を持つPCR装置1号機
7 耐熱性DNA複製酵素の大腸菌からの生産
8 核酸医薬と大容量PCR
9 研究用試薬としての大容量PCR産物
10 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO ENGINNERING

-------------------------------------------------------------------------

日本初のごみ処理「トンネルコンポスト方式」について
Tunnel Compost, Japan’s First Waste Treatment System

 香川県三豊市にあるバイオマス資源化センターみとよでは,日本初となるトンネルコンポスト方式によるごみ処理で燃やせるごみを固形燃料原料にリサイクルしている。この原料を固形燃料製造工場で製品化して最終的に石炭代替燃料として販売している。本稿ではトンネルコンポストの処理フローを中心に紹介し,その特徴をまとめる。

【目次】
1 はじめに
2 処理フロー
2.1 前処理工程
2.2 発酵乾燥工程
2.3 後処理工程
2.4 脱臭工程
2.5 固形燃料化工程
3 特徴
4 今後の展開

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

バイオ医療品の市場
Maket of Biologics

【目次】
1 はじめに
2 業界動向
-------------------------------------------------------------------------

《BIO PRODUCTS》

セバシン酸(Sebacic acid)
バイオコハク酸(Bio Succinic acid)
L-グルタミン(L-Glutamine)
D-キシロース(D-Xylose)